がん保険はなぜ必要か

がん保険はなぜ必要なのでしょうか。
それは私たちの生涯の中で、がんという病気は身近なものだからです。

現在日本人の死因1位が、がんです。がんと診断される割合は男性約6割、女性約4割と言われています。
また、がんが原因で死亡する割合は10人のうち3人と多く、よりがん保険について真剣に考える必要があります。

そして現代の日本医療では、がんは治せる可能性のある病気だということです。
がんと向き合っていくには、治療費の負担がかかるということを見過ごせません。入院、療養期間中は仕事を休み収入も減少することが見込まれるので、より金銭面での負担が大きくなるでしょう。そういう状況に直面した時に助けになるのが、がん保険です。

がん保険の給付金には、がんと診断された時、がんで入院した時、がんの手術を受けた時とそれぞれあり、またがんが原因で死亡した場合にはがん死亡保険金が受け取れます。これらで治療費もしくは生活費の負担を軽減することが出来ますが、加えて治療費や公的保険制度の一つとして高額療養費制度があります。
月の初めから終わりまでの医療費が高額になった場合、自己負担額が一定額を超えるとその超えた部分が払い戻されるという制度です。年齢や所得によって自己負担額の上限が変わってきますが、前もって手続きをすることでさらに負担を減らす仕組みもあります。

健康な今だからこそがん保険の必要性を見直しすことが大事です。自分自身、そして家族のもしもの場合に備えることで安心して治療を受けられるのです。