がん保険を賢く選ぼう

がん保険には様々な種類があり、商品によってそれぞれ特約や保障内容が違ってきます。
保障内容が手厚くなれば、それだけ保険料は高くなるので自分に見合った内容を選ぶ必要があります。

がん保険を賢く選ぶには、おさえておきたい点が4つあります。

まず1つ目に、がんと診断された場合に診断給付金という一時金が支払われます。これは商品によって1回のみ保障されるものと、ある一定期間経過していれば何回でも繰り返し保障されるものがあるということを知っておきましょう。2つ目に、がんを大きく分けると悪性と上皮内に分かれますが、どちらかによって給付金の額が変わってくるということです。悪性とは転移の恐れのある一般的にがんと呼ばれるものです。それに対し、上皮内とは転移しないもので治療をすればほぼ完治すると言われているものです。上皮内の場合、診断給付金額と同等に保障されるものと、減額、または保障されないものが、がん保険の商品によって異なってくるので注意が必要です。
3つ目に先進医療、つまり高度な医療技術を用いた医療のことを言い、これは健康保険が適用されません。すべて自己負担となってしまいますので、がんに特化したがん保険で備える必要があります。そして最後に、がんの治療のために入院をするかしないかで保障が変わってくるということです。入院を伴う通院に関しては通院給付金の支払いがあるというのが今ままででしたが、最近では通院だけでも給付金の支払いが出る商品もあります。

以上のポイントをおさえて自分に合ったがん保険を賢く選びましょう。